マヨルカ現住民によるサイト~マヨわず来れルカ 来ればわかるさ~

マヨルカくる?

3分じゃできないマヨルカクッキング

【マヨルカ伝統料理】3分じゃできないマヨルカクッキング File.6 コカ・デ・ナダル(Coca de Nadal)

更新日:

マヨルカ伝統料理 File.6 コカ・デ・ナダル(Coca de Nadal)

コカ・デ・ナダル

まいど。田中です。

今回は、マヨルカでクリスマスシーズンに食べられているパン、コカ・デ・ナダルをご紹介です。

このパン、ジャガイモラードを使っていて、しっとり甘いのです。素朴でおいしい!んですけど、このカロリーがヤバそうなパンを、ホットチョコレートに浸けて食べるのがマヨルカ流。

 

マヨルカ料理は、ラードをよく使います。新鮮なラードを使うのが一番おいしいのですが、日本では手に入りにくいと思われますので、普通のラードでOKです。

ショートニングでも代用できると思いますけど、やったことないです。すいません。

 

ホームベーカリーがあれば、超簡単に作ることができます。なくても、何とかなります。何とかしてください。

では、レシピです。

 

マヨルカ名物 コカ・デ・ナダル レシピ

 

15cmくらいのパン6個

強力粉 370g

ジャガイモ(茹でてつぶしたもの) 150g

砂糖 140g

卵 2個

牛乳 35g

ラード 65g

サラダ油 15g

生イースト 20g(ドライイーストの場合は8g程度)

 

ね。カロリー結構ヤバそうでしょ?

これでも、多少ラードや油、砂糖の分量を減らして書きました。

 

田中の場合、料理やお菓子、すべてオリーブオイルで作ります。重たくなりますけど、カロリー等は少し気がまぎれるかと・・・(カロリーは変わらんけど)

 

それでは、コカ・デ・ナダル調理開始!

1.全部の材料をホームベーカリーに投入します。

ホームベーカリー内

茹でたジャガイモをつぶす。以外は適当に投入してください。粉は一番最後がいいです。

 

2.ホームベーカリーの捏ねモードスイッチオン。

捏ねる

ごいーん。ごいーん。と回っています。

 

3.そのまま一次発酵。

一次発酵

倍の大きさに膨らんでいます。

 

4.一次発酵が終わったら、また捏ねモードスタート。

2倍くらいの大きさになったら、さらに捏ね、発酵を繰り返します。ここ重要。

 

5.6等分に丸めて、二次発酵。

二次発酵

適当に6等分して丸め、何もかぶせずに二次発酵させます。6等分以上でも、もちろん構いません。

え?ベンチタイムはって?ないです。打ち粉もなしで扱えますので、多少手にくっつくかもですけど、力技で丸めてください。

写真のとおり、そんなにきれいに整形しなくても大丈夫です。(本当か?)

 

6.1.5倍くらいになったら焼きに入るんですけど、冬は難しいです。今回はひとまわり大きくなったところで、焼き始めました。(3時間程度放置)

焼き前

まぁ、ひとまわり大きくなってればOKとしましょう。

 

7.あらかじめ170℃に熱しておいたオーブンで、表面に焦げ目がつくまで焼きます。

コカデナダル

焦げ目がつくまでって言われてもねぇ。ずっとオーブンの前で張ってろとでも?と思って、再度レシピをくれた義姉に確認。

義姉:焦げ目がつくまでだってば。

田中:からの?

義姉:焦げ目。

田中:からの?

義姉:焦げ目。

と永遠に繰り返しそうになりました。6個に等分した場合、電気オーブン(180℃設定)で約30分で色がつきました。*電気オーブンは10℃高め設定がお勧めです。

個数を多めにしたり、ガスオーブンだったりの場合は、30分前後が目安となります。30分ちょっと前から見張っていてください。

 

それではコカ・デ・ナダル実食!

マヨルカではホットチョコレートに浸して、食べます。

ホットチョコレートは、鍋で牛乳を温めた中にチョコレートを割りいれて溶かし、コーンスターチでとろみをつけて、ふつふつしてきたら完成!です。

 

コカ・デ・ナダルですが、もうちょい高さが出たらベストなんですけど、これでも十分おいしいです。

手捏ねの場合は、捏ねるとき物凄く手にくっつきますので、捏ねやすくなるまでヘラなどを使って混ぜるといいかもです。

ラードをやわらかくしないといけないので、牛乳を人肌程度に温めてから入れるといいですよ。

 

では、マヨルカのクリスマス名物、ぜひご堪能あれ。

スポンサーリンク

-3分じゃできないマヨルカクッキング
-, ,

Copyright© マヨルカくる? , 2019 All Rights Reserved.