マヨルカ島民による観光サイト~マヨわず来れルカ 来ればわかるさ~

マヨルカくる?

3分じゃできないマヨルカクッキング

マヨルカ島のリコッタチーズケーキのレシピ2選~スペインのリコッタはこんな

投稿日:

マヨルカ島のリコッタチーズケーキ

 

あー。なんてコッタ。またやっちまったよ。

トメウじい
どうしたんだい、田中コルレオーネ。

それが、リコッタチーズ買ったら、また例のごとくべーべーメーメーしやがる奴らが入ってたんだよ。ちくしょう、リコッタチーズめ!

トメウじい
敵を憎むな。判断が鈍る。
ベルばあ
何言うてんねん。

あのですね、こちらスペイン。油断していたらリコッタチーズにまでヤギと羊乳が混入しているんですよ。

ホエイからできてるリコッタチーズですが、奴らの味はすこぶる健在。田中、楽しみにしていたリコッタチーズタルトを一口食べて放心状態に陥ってしまったわけです。

なんね、ヤギと羊がうまかとばい。
マリア

えー。えー。そうでしょうね。チーズ好きにはヤギや羊がたまらなく美味しいんでしょうね。しかしながら、おこちゃま舌を持ちながらも、犬並みの嗅覚を持つ田中にとってみれば、いらん世話でして。

トメウじい
絶対に怒るな。理性を伴った人であれ。

えぇ。ドン・トメウ。そこで、私はリコッタチーズ本体から作るという、面倒くさい、もといコッタ作業を増やしてみたわけです。

というわけでございまして、今回はリコッタチーズの作り方と、マヨルカ島のリコッタチーズを使ったケーキレシピ2選をお送りいたします。

 

簡単!リコッタチーズの作り方~失敗しないためにはお酢を使え!

スペインはチーズが安いんで、チーズを作ろうなんてこれっぽっちも思わなかったわけなんですけども、ヤギと羊から受けたダメージが遥かに大きかったので、仕方なくリコッタチーズを作り始めたわけなんです。

で、作ってみたら、あら素敵。なんとも簡単にできてしまうので、是非とも手作りでどうぞ。

日本はチーズば高かけん、作らんね。
マリア

 

家庭で作るリコッタチーズの基本的な材料は3つだけ

リコッタチーズ作り材料

リコッタチーズは、もともとホエイを利用して、レンネットじゃなくて熱と酸によって作られるんです。

リコッタは、「再び過熱された」って意味なんですね。

家庭で作る場合は、もちろんホエイからでも作ることができるんですけど、十分な量が欲しいんで牛乳を使って作りましょうか。

安定した分量を確保するために、よく使われているレモンじゃなくてお酢を使ってまいります。

レモンの香りはいいんですけども、お酢を使った方が失敗しないんですな。

今回はケーキの材料として使うので、クリーミーさは必要ございません。まずは、シンプルなリコッタを。

 

リコッタチーズの材料(作りやすい分量で)

牛乳(成分無調整がいいかも):1リットル
お酢:大さじ4
塩:一つまみ

【オプションで】
ヨーグルト:大さじ2

お酢はレモン汁でもいいんですけど、レモンってpHに個体差があるんですね。なので、安定した分量を得たい場合はお酢が無難です。

白ワインビネガーを使ってますけど、蒸留酢ならなんでもOK。

今回はオプションとしてヨーグルト(ギリシャヨーグルト)を使用しております。生乳感を出すためなので、入れなくてもOKです。

クリーミーでリッチな感じにしたいなら、牛乳に生クリームを混ぜるといいですな。

リコッタというよりは、マスカルポーネっぽくなりますよ。そのまま食べるにはオススメ。

ハチミツにオリーブオイル、ブラックペッパーを少々で、白ワインのお供にえぇですぜ。のコッタらケーキにでも。

ベルばあ
趣旨ちゃうやんか。

手作りリコッタチーズとホエイ

で、この材料でリコッタチーズ約260gとホエイ700㏄をゲットできると思います。(あくまでも目安です)

ま、取れるホエイの量に愕然としますけど、ホエイは捨てないでくださいな。使い道は後程。

 

リコッタチーズの作り方

リコッタチーズの作り方は、こちらの動画でまとめております。

牛乳を加熱する

まずは、牛乳に塩を入れて60℃~74℃まで加熱します。

お酢を加える

温まったら火を止めて、お酢を加えて混ぜます。

10分程放置して、お好みでヨーグルトを混ぜます。

ザルで濾す

ザルにキッチンペーパーを2枚重ねして、分離したやつを濾していきます。

硬さは放置する時間で変わってきますが、ケーキに使うには30分以上放置した方がよろしいかと存じます。

30分濾したリコッタチーズ

すぐに使わない場合は、タッパーなど密封できる容器に入れて冷蔵庫で保管します。

3日以内に使い切りがベストでございます。

 

取れた大量のホエイの使い道

大量に取れたホエイ。これ、マッチョ界では超有名だと思いますけど、市場に流通しているプロテインの多くはこれが原料なんですね。

トメウじい
ナイスバルク!

ホエイには水溶性のタンパク質、ビタミン、ミネラルが含まれておりまして、捨てるなんて言語道断。

トメウじい
キレてるよ!

料理に使うだけじゃなくて、お肌に直接ホエイパック。お風呂に入れてホエイ風呂なんてものアリ。

シミの原因メラニンの生成を抑制したりですよ、老廃物を剥がれやすくしたりですよ、さらには保湿性にも優れておるわけなんですね。

ベルばあ
田中、ホエイをおよこし!

いやなコッタ。

田中はパンを作るときに使ったりしてますね。スープに入れると酸味がある仕上がりになります。

レンズ豆とトマトのピューレスープに入れるのがお気に入りです。

あとは、牛乳に混ぜるとヨーグルトドリンクっぽくなりますぞ。

2、3日で使いきれない場合は、冷凍しておくといいと思います。

あ、できたホエイでまたリコッタチーズを作るっていうのも手ですね。永遠に・・・

ベルばあ
永遠に続くか!

 

マヨルカ島のリコッタチーズタルトは貴婦人の味

リコッタチーズタルト

それでは、できたリコッタチーズを使って、マヨルカ島のリコッタチーズケーキ2品を作っていきましょうかね。

スペインではリコッタチーズをレケソン(requesón)と言いますが、マヨルカ島ではブロサット(brossat)と呼んでおります。

まず1品目は、「貴婦人のチーズケーキ(ドゥケサス・デ・レケソン)」と呼ばれる、リコッタチーズタルトでございます。

作り方は結構面倒くさいんですけど、それだけの価値があるお味となっております。

トメウじい
おほほほ。よくってよ。

 

リコッタチーズタルトの材料をねらえ!

リコッタチーズタルト材料

では、貴婦人のチーズタルトの材料をば。

トメウじい
追ってきなさい田中。あたくしは永遠にあなたの前を走る。
誰か止めんね。
マリア

リコッタチーズタルトの材料(貴婦人っぽい分量で)

【タルト生地】
薄力粉:200g
ラード:50g
卵:1個
砂糖:50g
オレンジジュース:25g

【フィリング】
リコッタチーズ:200g
砂糖:45g
卵:1個
レモンの皮:½個分
シナモンパウダー:小さじ½

マヨルカ島っつーか、スペインではバターはめったに使わないんですけども、今回はまぁバターで代用してもいいっちゃーいいです。ダメっちゃーダメです。

バターの香り成分が、色々邪魔をするんですよね~。スペインっぽい味をねらうなら、バターの美味しい香り成分は邪魔なんです。

バター大好き田中がお菓子作りにバターをほとんど使わなくなってから思ったことは、素材が生きるっちゅーことです。

バターの香りって、それだけで幸せな気分になれるんですけども、バターを使わない生地は小麦粉や卵の香りが引き立つんですな。まぁ、好みですけども。バターと混ざり合って相乗効果な香りも大好きですけども。

トメウじい
あたくしはここで得た全てをあなたに伝えたわ。
ベルばあ
づるむけやがな。

 

リコッタチーズタルトの作り方

ちょっと面倒ですけど、貴婦人のリコッタチーズタルトの作り方です。

トメウじい
神聖なキッチンにだらけた心で立つことはお菓子への冒涜です!

リコッタチーズタルト生地

まずは生地作りから。

小麦粉と砂糖を混ぜて、卵、ラード、オレンジジュースを入れて捏ねます。

捏ね終わったら少し休ませます。

リコッタチーズタルトフィリング

溶き卵に砂糖、リコッタチーズ、レモンの皮のすりおろしとシナモンパウダーを入れて、ブレンダーで均一になるまで混ぜます。

タルト用セルクル

今回はセルクルを使ってタルトを形成していきます。

オーブンシートを底に敷いて、側面にもオーブンシートを入れておきます。

生地をセルクルに入れる

7㎝のセルクルで8個作っていきますので、生地を8等分に分けておきます。

生地をセルクルに押し付けて、フィリングが流し込めるように作っていきます。生地は薄目に伸ばした方がおすすめ。

セルクルがない場合は、厚紙にアルミホイルを巻いて作ったりしてもOK。

カップケーキの型で代用もアリです。その場合は、そのまま焼いちゃってOK。

タルト生地を焼く

セルクルが1個しかないんで、すぽんっと抜いてしまいます。

生地は焼かなくてもOKなんですけど、今回は180℃で15分くらい焼きました。

リコッタチーズタルトを焼く

そこにフィリングを流し込んで、180℃のオーブンで20分焼きます。生地を焼かない場合は、40分焼いてください。

詳しい作り方は、動画をご覧くださいませ。

トメウじい
ナイス・ファイト!!

 

土鍋を使ったマヨルカ名物リコッタチーズケーキ

リコッタチーズケーキ

マヨルカ島ではgreixoneraっていう土鍋をよく使うんですけども、チーズケーキも土鍋で作っちゃいます。

土鍋がなくても、普通のケーキ型で代用できますんでご安心を。

このリコッタチーズケーキは、混ぜるだけで簡単にできちゃいますんで、甘いもん食べたいなぁと思ったらちゃちゃっと作っちゃってください。

マヨルカ島など、バレアレス諸島でよく作られているチーズケーキでございます。

土鍋から出さずに、そのままテーブルへどーんと提供で致します。洗い物も少なくて便利なもんで、田中家ではよく作ります。

ベルばあ
そんなコッタろうと思った。

 

リコッタチーズケーキの材料

リコッタチーズケーキ材料

土鍋があるご家庭の方が少ないと思うので、ケーキ型や耐熱の容器で代用していただけたらと思います。

しっとり系のチーズケーキでございます。

 

土鍋でリコッタチーズケーキの材料(直径15㎝くらいの土鍋)

リコッタチーズ:250g
砂糖:100g
卵:3個
レモンの皮:½個分
シナモンパウダー:小さじ½
クッキー:3枚程度(オプション)

クッキーは、クロワッサンやエンサイマダ、マドレーヌなどで代用できます。

ケーキが水っぽくなるのを防ぐためなので、入れなくてもOKでございます。これでもだいぶ砂糖の量を減らしてますけども、ちょっと甘目なので砂糖を90gにしてもらってもいいかなぁと思われます。

お好みで。本場のクッソ甘さを味わいたい場合は、砂糖を25g増量してください。悶えます。

 

リコッタチーズケーキの作り方

もう、ただただ混ぜて焼くだけ。失敗しようがないですな。

トメウじい
でも私は手は抜かない。見せなければならないから、私の田中に。
ベルばあ
いつまでやっとんねん。

リコッタチーズに砂糖を混ぜる

常温に戻したリコッタチーズに、砂糖をいれてしっかり混ぜます。

卵を入れて混ぜる

割りほぐした卵を数回に分けて加えてしっかり混ぜます。

レモン・シナモンを入れて混ぜる

レモンの皮のすりおろし、シナモンパウダー、砕いたクッキーを入れて混ぜます。

土鍋に入れて焼く

ラードを塗った土鍋に流し込んで、180℃のオーブンで40分焼きます。

冷えたら土鍋のまんまどーんとテーブルに出してくださいまし。

作り方動画はこちらにまとめてございます。まぁ、混ぜてるだけですけども。

もう、動画のオンパレードですけども、「いいね」やチャンネル登録よろしくお願いします。右手をちょっと動かして、ぽちっと押すだけ。

トメウじい
決して断れないオファーをするさ。

【スペイン旅行前にチェック!】

 

【旅行好きは持ってて損はない!海外旅行の新定番】

-3分じゃできないマヨルカクッキング
-, , , , ,

Copyright© マヨルカくる? , 2021 All Rights Reserved.