マヨルカ現住民によるサイト~マヨわず来れルカ 来ればわかるさ~

マヨルカくる?

マヨルカ島のビーチ

マヨルカ島の冬って観光できるんだっけか?ビーチリゾートの冬はこんな感じ(Ca'n Picafort)

更新日:

マヨルカのビーチ カン・ピカフォルト

毎度お世話になります。感動と興奮をお届けする、流浪のアホサイト「マヨルカくる?」でございます。

今回は、マヨルカの冬ってどんなんなってるわけ?という疑問にお答えしようかと、冬のビーチの様子を中心にお届けいたします。

えー、こちらマヨルカも、なんだか毎年異常気象でして、と言うか毎年気候が変わるので、案外異常でも何でもないのでは?と思う今日この頃です。

ベルばあ
どうでもえぇわ。

以前のマヨルカですと、早くて5月末ごろから、遅くても10月半ばくらいまでビーチを楽しめたわけなんです。

しかししかし、最近では2月でも泳いでる人たちを発見したりと、冬のマヨルカでビーチを堪能している観光客もちらほら。

皮膚が違うとばい。
マリア

というわけで、マヨルカのビーチCa'n Picafort(キャン・ピキャフォルト)の冬でございます。

 

マヨルカのビーチCa'n Picafortの冬

カン・ピカフォルトのビーチ

Ca'n Picafort(カン・ピカフォルト:スペイン語の発音ね)は、マヨルカ島の北東に位置するビーチリゾートです。

夏になると、これでもか!!と観光客で溢れかえる人気ビーチなのです。

子供連れの観光客も多く、治安的にはボチボチOKな場所でございます。

ドイツ人観光客が多いですねぇ。アイリッシュバーとかもちらほらありますよ。

マリア
ちょっと前までは漁村やったとばい。

ビーチサイドの店

ビーチのすぐ後ろには、お土産店・バル・レストランが立ち並んでまして、小腹減ったなぁ・・・と思ったら、すぐに駆け込めるというメリットもあるんですね。

ベルばあ
メリットか?

 

カン・ピカフォルトのビーチ以外の観光

ビーチサイドのお土産屋

カン・ピカフォルトは、金曜日に朝市があります。

お土産店も多いカン・ピカフォルトですが、朝市には地元の食材が売られていたり、ちょっとしたマヨルカらしさを味わうことができます。

11月から3月末あたりまで閉まっているお土産店が多いので、観光地を楽しむ!というニーズには応えられません。

レストランやバルも閉まっている店がほとんどです。

 

S'Albufera(ソブフェラ)は、野生生物保護区でして、バードウォッチャーの間では国際的に有名なんっすよ。

湿地帯には、何やら珍しい鳥やら動物やらが住んでいるんですねぇ。

ベルばあ
何やらなぁ。

さらに、世界遺産なトラムンタナ山脈は、車で行けちゃう距離なので、レンタカーを手配したらカン・ピカフォルトを拠点にして訪れることもできますよ。

 

カン・ピカフォルトのビーチ以外なアクティビティ

マヨルカは、ビーチ以外にもサイクリストに人気なんですよね。

サイクルロードなんてないのに・・・トイレやらの施設も整備されてないのに・・・

住民にとっては、本当にどうにかして欲しいですけどね。

マヨルカのサイクリスト

マヨルカ島の北は、サイクリストに大人気でして、結構冬の間に訪れる自転車乗りもいるんです。顔とか寒いで千切れるわ。

こちら、一列に並んで走ってますけど、横に広がって走る謎の集団もいるんですねぇ。

渋滞メーカーと言いますか、危ないっつーの。

ベルばあ
あんた、やたら否定的やんな。せやけど、ルール守らんやつ多いな。

カン・ピカフォルトはそのほか、ゴルフ・ゴーカート・ペダルボートとか、まぁリゾートにありがちなアクティビティは完全網羅できます。

 

カン・ピカフォルトのビーチ

砂の城アート

砂遊びするには、ちょっと硬くて浅いので、イマイチ豪快に砂遊びができません。

ベルばあ
豪快な砂遊びってなんやねん。ってアンタどこ行きたいねん。

砂の質はいいので、お城やらなんやらサンドアートも作りやすいです。

マリア
何ばしたいと?

これ、写真撮りたいときは、1ユーロくらい払ってください。

マヨルカの青い海

岩とかあるので、小魚やカニやらの観察も運が良ければできちゃいます。

トメウじい
絵日記書けるな。

肝心な海水ですが、人が少ない時間帯なら美しいですよ。当たり前ですけども。

ビーチサイドの散歩

田中にとって、このビーチは人が少ない時期に散歩を楽しむビーチカテゴリーに属しています。

ベルばあ
あんたのカテゴリー分けはどうでもええやろ。

この写真、3月初めなんですけどね。ノースリーブですね。

 

冬も開いてるよ!カン・ピカフォルトのレストランとバル

カンピカフォルトレストラン

こちらのバル、PETIT SAN REMOは冬でも開いてるので、散歩の途中に良く寄るのです。

今年の冬は、改装中かなんかでちょっと閉まっていたので、冬に営業しているかは事前に確認してくださいね。

店員さんたちは、クソ忙しい時でもかなり親切なのでオススメです。

いい天気やな。いい一日過ごしてや。と、サービスの間ちょいちょい一言挨拶を挟んでくれて、気持ちがいいですよ。

パフェメニュー

パフェの種類が豊富すぎて、田中、困っちゃう。

ベルばあ
気色悪いねん。

3ページ以上がパフェで埋め尽くされてるんですねぇ。

カンピカフォルトのバル

こちら、超地元臭が漂うバルDONA VANIRI。価格もリーズナブルなのでレストランとしてもオススメ。

コーヒーはこっちの方が美味しい。マヨルカのおっちゃんがやってるのに、オシャレなコーヒーも人気でございます。

さすが、観光地。

マヨルカのアイスコーヒー

トメウじい
マヨルカのおっちゃん、オサレやで~。

こちら、アイスカフェオレです。アイスにすると、氷が別々に出てきます。

セルフで氷のコップに移してください。注ぐとき、結構緊張感が走ります。

 

というわけで、冬のマヨルカビーチの様子でございました。

曇り・雨の日以外は、冬場でも泳ごうとしている人を見かけるんですね。

ボディボードやウインドサーフィンでなく、ウエットスーツでなく、普通の水着でですよ、泳ごうとですよ、してるんですよ。

日差しは温かい日もあるんですが、水温はアホか!というくらい冷たいです。

果敢にチャレンジしたい方は、準備運動をお忘れなきよう。監視員もいない場合が多いので、注意してくださいね。

ベルばあ
風邪引いたら観光台無しやで。

-マヨルカ島のビーチ
-, ,

Copyright© マヨルカくる? , 2019 All Rights Reserved.