マヨルカ現住民によるサイト~マヨわず来れルカ 来ればわかるさ~

マヨルカくる?

トメウおじいのLet’s徘徊

マヨルカ島ガラス博物館でゆったり観光~名品Gordiolaをお土産にいかが?

更新日:

gordiolaガラス工房

まいど。流浪のウェブサイト「マヨルカ来る?」でございます。

今回も、また車がないと行けない観光施設へご案内。「ガラス工房Gordiola・マヨルカガラス博物館」へようこそ!の旅でございます。

ベルばあ
あんた、読者さんまた減るでぇ。せめてバスで行けるとこにしぃな。

 

へいへい。じゃ、今度ね。

ということでございまして、今回は「マヨルカ土産の定番!マヨルカに来たら絶対おさえたい名品ベスト6」でもご紹介した、拭きガラス工芸Gordiolaのご紹介です。

えー。お土産ということでございますが、こちらGordiola(ゴルディアラ)、結構お値段がお高うございます。

持って帰る途中で割れた場合、当サイトは責任を持ちかねますので、自己責任でお願い致します。

マリア
早くも逃げたばい。

 

マヨルカガラスの最高品Gordiola吹きガラス

gordiola正面

はい。こちらのローマ調な建物が、Gordiolaガラス工房と博物館の入り口です。

パルマからマナコルに向かうハイウェイ沿いにあるので、マヨルカに訪れたことがある方は、気になっちゃってたかもしれないですね。

工房も、博物館も入場無料となっていますので、お気軽にどうぞ。

ベルばあ
気軽ってなんやねん。車ないと来れへんやんか。

 

Gordiolaガラス工房へ潜入

gordiolaマヨルカガラス工房

入り口を入ると、正面がGordiolaマヨルカガラス工房になります。左には、お手ごろ価格のガラス、右手にはごめんなさいレベル価格のガラスが販売されているコーナーがあります。

ベルばあ
せやで、大きなカバンとか振り回して割らんごと気をつけなな。

gordiolaマヨルカガラス工房

工房は、外からの光でガラスが美しく光ってますね。

マリア
それ、あんたの写真がヘタくそなだけったい。

gordiolaマヨルカガラス工房炉

夏は暑いでしょうねぇ。炉が少なくとも8個はあったような・・・

gordiolaマヨルカガラス工房造型師

このおじい、馬を作ってたんですけども、しゃっしゃーっと1分もかからずに作ってました。

が、田中は隣で見ていた顔までタトゥのお兄ちゃんが気になって、気が散って仕方なかったです。

ベルばあ
関係あらへんがな。

gordiolaマヨルカガラス工房バラ窓

土曜日に訪れたんですが、5人の職人さんたちが創作されてました。

こちらのガラス窯では、年間約27,000個のガラス製品が生産され、主にパルマの3店舗で販売されています。

gordiolaマヨルカガラス工房

それではガラス博物館にでも行って見ましょうかね。工房を中庭へ出ると、博物館の入り口がありますよ。

 

 

マヨルカガラス博物館へ行ってみよう!

マヨルカガラス博物館2

「MUSEO(ムセオ)」は博物館です。矢印の方向に進んでみましょう。

マヨルカガラス博物館3

博物館は2Fにあるみたいですね。階段を登っていきます。結構広いですよね。年季入った建物です。

というのも、このガラス工房Gordiolaは、250年以上の歴史を持っているんです。

マヨルカガラス博物館1

マヨルカのガラス工芸の歴史は1719年パルマにガラス炉を作った所から始まります。

Gordiolaはそれから7世代に渡って、マヨルカのガラス工芸技術を伝えてきたんですね。

ってことは、さっき馬作ってたおじいが7代目ってことですね。

 

ガラス博物館の内部はこんな

マヨルカガラス博物館入り口

邪魔するで~。

マヨルカガラス博物館

あら、なんか広いですね。世界各国から集めたガラス製品が展示されています。

古代の人形

中には、なんかわからないものまで展示されてますけど。

トメウじい
なぁ、わしに似てへん?まぁ、わしのんが男前やけどな。

マヨルカガラス博物館

ちょいとクラシックなガラス、展示の雰囲気もアンティークです。

ガラス製造器具

こちらガラスの鋳型が並んでいますね。

ガラス製造機械

ガラスの歴史を感じますねぇ。

ベルばあ
ホンマか?

クラシックガラス

17世紀のヴェネチアンガラスですね。

古代ギリシャガラス

こちらは古代ギリシャのガラス。あぁ、そりゃぁレプリカですよ・・・

ベルばあ
そんなもん、当たり前や。セキュリティもなんもあらへんがな。

アンティークガラス

ヨーロッパ各地のアンティークガラスが並んでいます。

紀元前1世紀には、吹きガラスの技術が発明されて、つぼや花瓶などが作られていたんです。恐るべしローマ帝国。

緑のガラス

ガラスの歴史自体はもっと古く、石器時代から石包丁や矢じりとして黒曜石が使われていたんですね。

紀元前1500年ごろには、粘土の型の中に溶かしたガラスを入れる製法が生まれました。

マリア
貴重なもんやったんやろうねぇ。

マヨルカガラス博物館内部

奥に行くと、ヨーロッパだけでなく、アジアや南米などのガラスも展示されています。

ホヤガラス

おっ。あったあった。日本はHOYAガラスが展示されてますね。

クラシックな古書

で、この建物、ちょいちょい休憩場所が設けられてるんですけど、その一つに古書が並んでいました。

中身きになるわぁ。と思って棚に近づくと・・・

妙な看板

「この本取った物は地獄に落ちる」という注意書きが!!!

ベルばあ
あかん、あかんで~!!手に取ったらあかんで~。

鎧とステンドグラス

しかし、こんな甲冑着てどうやって動き回ってたんでしょうねぇ。

ステンドグラスとシャンデリアってなことで、Gordiolaガラス博物館の全貌でした。では、店舗へ行って見ましょう。

 

 

マヨルカの名品Gordiolaガラスの数々

はーい。では、まずお手ごろ価格コーナーから行ってみよう!

展示数がめちゃくちゃ多いので、お気に入りのガラス製品が見つかること間違いなしです。

 

ちょっとお手ごろ価格なGordiolaガラス製品

gordiolaお手ごろ価格ガラス1

ガラス博物館から降りると1FはGordiolaガラス販売店になっています。

gordiolaお手ごろ価格ガラス2

物凄く広いので、ガラス好きにはたまらないと思いますよ。

gordiolaお手ごろ価格ガラス3

一つ一つ丁寧に見ていくと、かなりの時間が必要かと。

gordiolaお手ごろ価格ガラス4

ランプシェードやグラス、花瓶なんかが多いですね。

gordiolaお手ごろ価格ガラス5

まぁ、しかしながら、どうやって持って帰りましょうかね?

gordiolaお手ごろ価格ガラス6

タオルや衣類に包んで、動かないように固定ですかねぇ。

ベルばあ
あんた、さっきから何ブツブツ言ってんねん。
もう、ガラスで語るこつばなかとよ。
マリア

gordiolaお手ごろ価格ガラス7

上の方取れないねぇ。

gordiolaお手ごろ価格ガラス8

っと言うことで、お手ごろ価格なマヨルカガラスコーナーでございました。

 

絶対割るなよ!(前フリじゃないよ)高級ガラスコーナー

gordiolaマヨルカ名品ガラス1

はい。もう一目瞭然。高級感が全く違いますよね・・・欲しい。

gordiolaマヨルカ名品ガラス2

あぁ、欲しい。水も美味しくなりそうなグラスの数々・・・

トメウじい
酒は何で飲んでもうまいで。

gordiolaマヨルカ名品ガラス8

このGordiolaグラス、高級ホテルのスイートやダイニングで使用されているんですねぇ。

ベルばあ
せやから、どっかで見たなぁ思とってん。

ウソはいけませんよ。ウソは。

gordiolaマヨルカ名品ガラス9

中でもこのブルーが有名ですよ。まぁ、コップくらいなら買えるんじゃね?

gordiolaマヨルカ名品ガラス10

目の前にあったグラスを手に取る田中・・・・190€・・・?

息子よ!!すぐにこの場から離れるんだ!!!走ってるんじゃないよ!!匍匐前進でいくのです!!

gordiolaマヨルカ名品ガラス11 あー。素敵です。しかしながら、これを飾る部屋がない。

ベルばあ
せやな。あんたの家、子供の落書きでめちゃくちゃやんな。

gordiolaマヨルカ名品ガラス3

こんなランプの下で食べるご飯って、おにぎりでも美味しくない?

マリア
おにぎりねぇ・・・

gordiolaマヨルカ名品ガラス4

さすがにこのシャンデリアを飾る勇気は私にはない。

gordiolaマヨルカ名品ガラス5

田中、そこらへんにいた天然旦那を捕まえる。

あんた、どれか買っ・・・

gordiolaマヨルカ名品ガラス6

逃げやがった。こんなときのカンだけは鋭いらしい。

gordiolaマヨルカ名品ガラス7てなことで、Gordiolaマヨルカ高級ガラス、いかがだったでしょうか?

 

Gordiola工房・販売店・博物館の営業時間

6月~10月:月曜~土曜9:00~19:00・日曜9:00~13:30

11月から5月:月曜~土曜9:00~18:00・日曜9:00~13:30

住所:Ctra. Palma - Manacor Km 19. CP: 07210 Algaida - Illes Balears (Mallorca)

公式サイト:http://gordiola.com/es/pagina-principal

でございます。ガラス好きなら、ぜひ足を運んでいただきたいですね。

トメウじい
夏は観光バスもぎょうさん停まってんで~。

 

-トメウおじいのLet’s徘徊
-, ,

Copyright© マヨルカくる? , 2019 All Rights Reserved.