マヨルカ現住民によるサイト~マヨわず来れルカ 来ればわかるさ~

マヨルカくる?

トメウおじいのLet’s徘徊

マヨルカの美しい漁港で靴をずぶ濡れにするってのはどう?

投稿日:

カラ・フィギュエラ

 

なか。
マリア

はい。今回の徘徊先は、マヨルカの美しい漁港Cala Figuera(カラ・フィゲラ)です。

マヨルカ島南のサンタニに位置する、フィヨルドっぽい入り江に位置するのがこの漁港。

へぇ、特に何もないんですけどもね。

ベルばあ
あかん!ある!よう見てみい。

はい。と言うことでございまして、目をかっぽじってよく見てみてくださいまし。

 

では、トメウおじいのLet's徘徊 in フィヨルド

トメウじい
フィヨルドとは氷河の浸食によって形成された、断崖絶壁が高くそびえつつも深い水深をもつ海岸線であり・・・

マヨルカのカラ・フィゲラとは一切関係ございません。

 

マヨルカ伝統的な家々と美しい入り江の漁港カラ・フィゲラ

マヨルカ漁港

はい。今回やってまいりましたのは、マヨルカ島の南に位置する漁港カラ・フィゲラでございます。

大きなホテルはなく、小さなホテルやら別荘タイプの宿泊施設やらのみがある、小さな港なんですね。

と言うのもここ、観光客向けのビーチがないんでございます。

チッ泳げねぇのかよ。ということで、観光客で混雑していないのかと思いきや。

やっぱりいるんですねぇ。夏ともなれば、うじゃうじゃと。

あ、ちなみにマヨルカのおばあ3人が、船の横でプカプカ浮いてましたけどね。

泳ぐんかい!!

暑いわ~。今日暑ない?

は、はぁ。そ、そうですね。としか答えようがなかったですけどね。

その横っちょで、鴨も泳いでましたけどね。

海にいる鴨

ベルばあ
そんなもん、水あったら入るんがマヨルカ人っちゅーもんやで。

かなり歩くと、ダイビングできるスポットとビーチがあるんですけども、まぁ遠い。

徘徊した日は多少曇っていたので、色は綺麗じゃないんですが、晴れていると結構きれいですよ。

写真ヘタなんの言い訳ばい。
マリア

 

マヨルカにもケイパーが自生しているんですね。

あ?今ゲイバーって読んじゃいました?

マヨルカ自生ケイパー

蕾が小さいうちに摘んで塩水に漬けるんですけど、小さいものじゃないと美味しくないんで、毎日摘むんです。

めちゃめちゃ蜂が寄ってくるので、蜂との闘いでもあります。いつも、大体勝利します。

マヨルカでは、塩漬けにしたものにお酢をかけて食べるのが一般的だと思われます。

蜂くらいうっ叩いたらよか。
マリア

 

カラ・フィゲラの港はこんな感じ

カラ・フィギュエラ地図

ちなみに、どんな形になってるかと言うと、こんな感じですね。

この立て札が立っているところは、シャッターポイントなんですねぇ。

トメウじい
パタター!

あ、これ日本でいう「はい、チーズ。」でございます。パタタはジャガイモですね。

 

マヨルカ伝統ボート

これ、マヨルカの伝統的なボート「yaguts」です。

おじいたちが漁にでる舟ですね。

 

船着き場

小さな漁港ですが、ここからもボートツアーが出ておりまして、マヨルカの南エリア海岸を回れるという感じのものです。

大きな船から小型モーターボート、カヤック、パドルボートなんかもあるんですね。

船酔い免許皆伝した田中としてみれば、ふーん。って感じですけどね。

桟橋で吐けるという、素敵な特技をお持ちの方、お友達になりませんか?

トメウじい
撒き餌、おおきに。

 

マヨルカの美しい漁港の楽しみ方

そんでもって、このカラ・フィゲラの醍醐味は・・・

これこれ。

カラ・フィギュエラ水路

この細い水路をですね、多少のジャンプを交えながら歩いていくんです。

えぇ。それは滑りますとも。

ベルばあ
あんたみたいやな。

水没した水路

そんでもって潮の満ち引き加減で、道が水没したりなんかするんですねぇ。

まぁ、ちょっと待てば潮も引くってもんですけど、待てないのが家のご子息と天然(旦那)でして・・・

トメウじい
なんで待たんなあかんのん?

あんたもかい。

はい。上の写真は奴らが奇声を上げながら渡った後の写真なんですけどね。

ご子息は足首まで入りご機嫌。天然は「もう、濡れたじゃん。」と不満気。

何でやねん。

ベルばあ
相変わらず残念やな。
夏やけん、すぐ乾くと。
マリア

 

観光船

うわっ。なんかゲスいボート来た。

ベルばあ
目立ちゃいいっちゅーもんちゃうわな。

この、景観台無し大作戦は、どんな人が考えてるんでしょうね?

漁港ってことで、魚屋さんを探してみたんですが見つからず・・・魚食わせろ~。

カラ・フィゲラ漁師さん

さ、魚・・・

 

カラ・フィゲラのレストランは?

カラ・フィギュエラレストラン

レストランはどう見ても観光客向けな店舗が4、5軒建っています。

テラス席は絶景でございますね。柵あるけど。

新鮮な魚を中心に、イタリア料理、地中海料理、フランス料理なんかのレストランがありますね。

パエリアやハンバーガーもありますけども、マヨルカっぽい、あのー。何と言いますか・・・そのー。

ベルばあ
なんやねん。

 

カラ・フィギュエラアイスクリーム屋

このアイスクリーム屋さんのゴミ箱、ハエの顔に見えるのは私だけでしょうか・・・

ベルばあ
ハエちゃうわ。トンボとかにしときぃな。

 

カラ・フィゲラ

で、マヨルカっぽい、この、なんと申しますか・・・小汚い感じのバルってないんですか?

ベルばあ
小汚い言うな。

地元のおじいに聞いてみた。

すいません。日向ぼっこ中失礼します。地元民がやってるバルってないんですかね?コーヒー飲みたいんですけど。

ない。コーヒーは家で飲む。この通りの先にフランス人がやってるカフェはあるで。

カフェ・・・ないな。

ベルばあ
言い方ちゃうだけやがな。

 

カラ・フィゲラトンネル

向こう側の端っこには灯台があります。さっきのジャンプした水路を越え、階段っぽいものを登り、さらに歩くと到着です。

よかったら、どうぞ。

カラ・フィゲラはハイキング込みでも、1日あったら十分満喫できますよ。

漁港命の方は、宿泊もできますのでどーんと検索してみてください。

カラ・フィゲラ(Cala Figuera)のホテルをBooking.comで検索

 カラ・フィゲラホテル
Cala Figueraのホテルを見てみる

と言うことで、マヨルカ漁港徘徊でございます。

パルマからだと車で1時間もあれば到着できます。サンタニに入ってから5㎞くらいですね。

靴濡れても大丈夫なように、温かい時期がいいと思われます。

トメウじい
はだしでええがな。

 

-トメウおじいのLet’s徘徊
-,

Copyright© マヨルカくる? , 2019 All Rights Reserved.