マヨルカ島民による観光サイト~マヨわず来れルカ 来ればわかるさ~

マヨルカくる?

3分じゃできないマヨルカクッキング

ポルボロンの本格レシピ~アーモンドの香りと口どけがクセになる作り方

投稿日:2020年10月1日 更新日:

スペイン本格ポルボロン

 

スペインのクリスマスの代表的なお菓子と言えば、トゥロン、マサパン、ロスコン・デ・レイエス、マンテカド、アルファホレスなどなどでございますね。

ベルばあ
っておい。お約束しとる場合ちゃうわ。
ポ・ル・ボ・ロ・ン。
マリア

あー。はい。ポルボロン

クリスマスシーズンになりますと、スペインのありとあらゆるゾーンで山積みになっておるお菓子なんでございます。

お値段もお手頃で、ちょっとテンション上がるわけですが、こちらスペインでもスーパーなんかで売っているポルボロンたちは、イマイチアーモンドの風味とくちどけに魅力を感じないわけなんです。

ポルボロンの最大の魅力は、やはりアーモンドの香りと甘さ、そして噛むまでもなく口の中で崩れる食感なのでございます。

トメウじい
あれやで。入れ歯せんでも食べられるで。

まぁね。用心しないとむせますよ。じじい。

市販のものですと間違いなく口の中の水分持ってかれますけども、今回はポルボロンの本格レシピと言うことで、しっとりと崩れるくちどけで、1個食べたら十分!というレシピに仕上げております。

ベルばあ
あんな、それ大丈夫なんか?1個食べたらもうええわ。ってなるっちゅーことか?

落雁って、小脇に抱えて食べられるお菓子ちゃいますよね?そんな感じのニュアンスです。

エスプレッソやストレートティのお供にって感じですかね。ワインやカヴァでもいけるなぁ。

落雁ば言うけん、お供えっち読んでしもうたばい。
マリア

はい。と言うことでございまして、今回は何か知らんけど”本格”って付けてしまったポルボロンのレシピと、その他特に知らなくてもいいことで構成されております。

これを食べずして、スペインのクリスマスが越せるかい!

 

スペインの本格ポルボロンのレシピ

あー。何度も本格って書いてますけどもね、作り方は至って簡単なんですよ。

慎重になりたいのは、材料のみ!やはり、アーモンドがカギを握っておるわけです。

シンプルな材料で、シンプルな作り方をしますんで、材料だけにはこだわってみるとナイス・ポルボロンと出会えること間違いなしでございます。

では、材料から。

 

作りやすい分量 ポルボロン30~40個分くらい

薄力粉:375g
ラード:185g
粉砂糖:150g
皮なし生アーモンド:90g(最高品質マヨルカアーモンド使用)
塩:ひとつまみ
シナモン:小さじ1/3

 

【ココアテイストにする場合】

小麦粉を360gにしてココアを15gプラスする

 

【ラードをオリーブオイルにしたいなら】

ラードの代わりにエキストラバージンオリーブオイルを125~130gにする
砂糖の分量も125gに減らしてください

 

えー。スペインではですね、製菓用の小麦粉が売られておるので、それを使うとよりアレなんですけども、もう薄力粉で十分です。

ラードですけども、バターやマーガリンでは絶対代用できません。バターの風味がアーモンドの香りをかき消しやがるんですね。

まぁ、バターを使ったお菓子って美味しいんですけども、ポルボロンとは全く別物になってしまいますんで要注意。

逆にフィナンシェにラード使ったら台無しなのと一緒でございます。

ラードねぇし!と言う場合は、エキストラバージンオリーブオイルでも大丈夫っちゃー大丈夫です。ヘルシーです。

幾分、オリーブの香りが鼻から抜けていきますんで、クセは出ますね。でも、フレッシュアーモンドの青臭い感じが好きな方にはいいかと。その時点で、ポルボロンとは呼べないかもですけども。

ココア味なんですけども、嫌いじゃないけどアーモンドの香りがぼやけます。やっぱりシンプルなのが一番うまいと思われます。

ベルばあ
あほか。チョコラテやで。チョコラテ。
チョコレート味やったら何でもうまか。
マリア

チョコレート味に何でも食いつくのやめてもらっていいですか?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユニオ社 マルコナ アーモンド 皮むき 1kg スペイン産 丸粒 製菓材料用 業務用 *
価格:5259円(税込、送料別) (2020/10/25時点)

楽天で購入

 

 

ポルボロンの下準備~ローストフラワーを作る

小麦粉

ポルボロンを作る上で大切な作業、それは。

小麦粉とアーモンドをローストすることでございます。

ローストフラワーは、小麦粉をオーブンで焼いたり、フライパンで乾煎りしたものなんですけどもね。スペインではHarina Tostada(アリナ・トスタダ)って呼ばれてまして、色んな料理に使われておるわけです。

軽く焙煎したものから、深煎りまで色んな用途で使われとるわけなんですけど、ポルボロンの場合は軽く色がつく程度。

Clara(軽くロースト)とRubia(ミディアムロースト)の間くらいですかね。

このローストフラワー、チリとかでは飲み物として利用したりしてるんですね。

Ulpo(ウルポ)って呼ばれてるこの飲み物、ローストフラワーを牛乳やワインで割って、蜂蜜や砂糖で味付けしたもので、スペインではカナリア諸島なんかで飲まれとるんですかね?

まぁ、いいんですけどね。

ベルばあ
超余談やな。

 

ローストフラワーの作り方

はい。このアリナ・トスタダ。ローストフラワーは、市販もされておるんですが、家でも簡単に作れますんで、そっちで。

市販のものと家で作ったものとでは成分が違うわけですが、とにかく簡単なんで家で作る方向で。

いいけん、しゃっしゃ作らんね。
マリア

はーい。では、オーブンとフライパンで炒る方法があるんですけど、オーブンの方向で。

ローストフラワーの作り方
  1. オーブンを170℃前後で予熱しておきます。
  2. 天板に小麦粉をザザーっと出して、オーブンで10~15分焼いていきます。
  3. 2~3分ごとにスパチュラや木べら、しゃもじ的なものでかき混ぜます。
  4. 加熱後、小麦粉から湯気とか煙だとかが上がっている場合は、オーブンが切れててもとりあえずかき混ぜます。
  5. 小麦粉が冷めるまでオーブンの中で放置します。

以上。

冷えたら、ガラス瓶とかに入れて保存しておけます。

 

ローストフラワーの特徴~なんで小麦粉を焼くわけ?

えー。ローストフラワーのメリットですけどもね。

  • 小麦粉特有の雑味が消える
  • 糊化していないんでベタつかない・ダマになりにくい
  • 焼き菓子がサクサク、くちどけが良くなる
  • 繊維含有量が高くなるんで、その他色々な健康的効果も

ってな感じです。コレステロール値を下げて、お通じ的なものも良くなるとか。

トメウじい
わし、毎日出るで。

気持ち悪いので、やめてもらっていいですか?一応レシピのページですからね!

ベルばあ
あんたや。

ポルボロンで小麦粉をローストするのは、アーモンドの香りを活かすためと、くちどけを良くするためって感じでしょうかね。

王様のアーモンド

 

本格ポルボロンの作り方

はーい。では、本格手作りポルボロンを作ってまいりましょう。

言うても、簡単です。

ベルばあ
毎度のことやけど、前置き長いわりにアレやで。

アレ言うな。

ローストフラワーとローストアーモンド

はい。先ほどもお伝えしたように、アーモンドと小麦粉をローストします。

小麦粉はオーブンで放置しないとなので、まずはアーモンドから。180℃で8~10分程度ローストです。

次は小麦粉。180℃くらいで15分以上焼いていきます。軽く色づく程度まで焼いてください。

その後、ふるっておけば完璧です。

ローストアーモンドを粉砕

ローストしたアーモンドを粉砕します。

これね、アーモンドプードルでいいんじゃね?って思うかもですけど、これ大事。

アーモンドプードルじゃぁ、香り飛んじゃってますからねぇ。美味しさ半減って感じです。

ポルボロン生地

あとは材料を全部混ぜるだけ。全体的にざっくり混ざったらOKです。

生地を30分以上寝かせてください。このままだと、ベタベタして扱いづらいんで。

ポルボロンを型で抜く

生地を1~1.5㎝に伸ばして、3.5~4㎝程度の型で抜いていきます。

打ち粉はいらないと思います。

並んだポルボロン

190℃~200℃のオーブンで12~15分焼きます。焦げたら台無しなので、10分あたりからオーブンをよく観察しておいてください。

これ、非常に崩れやすいんで、ヘラかなんかを使って取り出しますけども、熱いうちは放置しておいた方が賢明です。

完全に冷えたら、油紙で包んで完成!

ポルボローネの作り方

ベルばあ
油紙あらへんがな。

だって、包んだら確実に崩れるでしょ?もう、直でいいじゃないかと。

 

ポルボロンとは一体何者か?ポルボローネとの違いは?

ココア味ポルボロン

あー、ポルボロンのことをポルボローネって呼んでますけども、これはスペイン語の読み間違いから来てるっぽいですよ。

ポルボロンの複数系ってPolvorones(ポルボロネス)って言うんですけども、それをポルボローネと読んじゃったっぽい?

もしくは、商標かなんかですか?

ポルボロンの単数形:polvorón  ポルボロンの複数形:polvorones

スペインではPolvoronesって表記されている場合が多いんですけど、何でかって沢山入って売ってるし、作るときも1個のみじゃ作らないですからね。

一個一個包んでいる油紙とかには、ちゃんとPolvoronって書いてますよ。なぜなら一個だから。

単数と複数で名詞が違わない日本語で、良くあるミスってやつだと思いますけども。

できればポルボローネスにして欲しかったですね。惜しい!

嫌味くさ。
マリア

そんでもって、ポルボロンの語源ですけどね、ポルヴォ(polvo)から来ております。

Polvoっちゃーなんね?と言いますと、細かい粉状のものや、塵、ホコリって意味があります。

どこぞのサイトを見てみると、スペイン人ホコリ食ってんのかよwwwってありましたけどもね、ちゃんと調べてから書きやがれ!って話でして。

まぁ、Google翻訳すると、ホコリって出て来るんで、鵜呑みにしちゃってるんですね。はい。残念。

ベルばあ
あー。またやな。どんどんエキサイトしてくる悪い癖出て来てるで~。

個人的な正義です。主観です。

 

ポルボロンの歴史~マンテカドとの違い

ラコルチョナのポルボロン

出典:ポルボロンを最初に大規模製造したLa Colchonaのポルボロン

えー。ポルボロンの発祥の地は、セビリアのエステパ、サンタクララ修道院と言われております。

16世紀には、レシピが文書化されておりまして、商品化されたのは1870年。それまではスペイン全土に流通することがなかったお菓子だったんですね。

ポルボロンと混同されやすいのが、マンテカドという見た目も似ているお菓子なんですけども、最初にできたのがマンテカド。

マンテカドとポルボロンの大きな違いは、分量の比率なんですけども、簡単に言いますと、マンテカドにアーモンドを大量に加えてできたのがポルボロンなんですね。

形もマンテカドは丸形で、ポルボロンは楕円形って話もありますけど、今は丸形のポルボロンも流通しております。

マンテカド

出典:同じくLa Colchonaのマンテカド

マンテカドは、色んなフレーバーがあるってのも特徴かと。チョコレートやココナッツ、シナモン、レモンってな感じですかね?古典的なマンテカドには、表面にゴマがあしらわれております。

味は、アーモンドが入ってるのと入ってないのなので、似て非なるものです。

 

ポルボロンの正式な?食べ方

これ、結構論争になるんですけども、伝統?では油紙に包まれた状態のポルボロンを片手でむぎゅ~っと握りまして、自らの手によって崩れにくくして食べるってものです。

元々ポルボロンの形は楕円って言いましたよね?たしか、言った。

それ、手のひらでぎゅーっと握りやすい形状なのではないのか?と思っておりますけども。

で、そうしないと食べてるはしから、ボロボロと崩れ落ちてみっともない状態に・・・口の端っこから滝のように流れるんですわ。

油紙の中も粉々。これ、舐めろってのか?それとも粉薬状態で口に流し込めってのか?

あんたの食べ方がきしゃないと。
マリア

ってなことで、お掃除大好き!な人は、食べた後せっせと後片付けお願い致します。

ベルばあ
握って食べぇ。

 

ポルボロンを食べると幸せになるって噂は本当か?

これ、本当であり、嘘かもしれません。

まずは、本当から。ポルボロンを食べると、美味しいんでなんか幸せな気分になる。これ正解。

で、嘘かもしれないこと。

ポルボロンを口に入れて溶ける前に「ポルボロン」と3回唱えられたら幸せになれるという、スペインの伝統がある。

ポルボロンはクリスマスだけでなく、お正月や結婚式などでも食べられる幸せを運ぶスイーツである。

これ、誰が言ったんですか?

スペインではそんな伝統とか一言も言われてませんけども。一ミリも、一ミクロンも、一ナノも聞いたことないです。

少なくとも、スペインでは全くメジャーではないですね。

血眼になってネットでも探してみたんですけど、ソースゼロ。アンダルシア地方の伝説なんですか?

まず、考えたいのがポルボロンが生まれたのは、修道院。修道院でそんなJCやJKみたいなおまじない、信じてやりますかね?

ベルばあ
あれやろ?言霊っちゅーやつやろ?

日本人は言霊好きですけど、ポルボロンと唱えるってのは何言霊なんですかね?

トメウじい
販売促進の呪術である。

たまにはうまいこと言いますね、じじい。

さらに言えば、口の中にポルボロン入れて何か喋るって、テレビに苦情の電話殺到ですよ?放送事故ですよ?粉噴射しますよ?

口ン中もの入れて喋ったらいかんばい。
マリア

で、スペインのクリスマスって正月またぎなんですわ。1月の5日くらいまでがクリスマス。なんで、スペインのクリスマスの認識が甘い。

たしかに、正月はクリスマスに含まれてるんで、正しいっちゃー正しいですけども?

盛ってんじゃねぇよ。って感じですかね?

ベルばあ
お言葉が過ぎますぞ。
トメウじい
バナナはクリスマスに含まれますか?

それな、遠足のおやつ的なな。

結婚式で食べられてるってのも聞いたことないですね。これ、もしかすると南米のスペイン語圏のものかもしれないです。

日本人は忍者である。国民全員空手ができるみたいなもんですかね?

ベルばあ
は?!忍者ちゃうのん?!

え?あ。田中、刺客としてマヨルカに潜入している忍者です。

全然話違うとるばい。
マリア

ま、夢を壊しちゃいかんっちゅーことですかね?壊しておきながら。

 

いやね、これ本当にそんな言い伝えあったらごめんなさいよ。田中は無知なんで、知らないだけってことも大いに考えられるんですけどもね。

田中からのお願い。これ、ソース見つけたら、連絡ください!!ポルボロン伝説があるスペイン各地域の皆様からのご連絡をお待ちしております。

田中、全力で修正して嘘かも?って言ったことを謝罪致します。

そして、絶対に幸せになれないポルボロンの事実。それはカロリー。

ベルばあ
またパンドラの箱開いてもーたな。

お豚様の真の底力を思い知らされる、そんなポルボロン。あなたも冬に備えて蓄えてみてはいかがでしょうか?

暖かいクリスマスが過ごせること間違いなしですよ。

トメウじい
エルピス。それはアーモンドの余韻。

【スペイン旅行前にチェック!】

 

【旅行好きは持ってて損はない!海外旅行の新定番】

-3分じゃできないマヨルカクッキング
-, , , , ,

Copyright© マヨルカくる? , 2021 All Rights Reserved.