マヨルカ現住民によるサイト~マヨわず来れルカ 来ればわかるさ~

マヨルカくる?

トメウおじいのLet’s徘徊

【マヨルカ島ガラスの教会】20世紀の美しい芸術~地中海の太陽がもたらす光の美La Prorciúncula

更新日:

マヨルカガラスの教会

なんや壮大なタイトルで始まってしまいました、マヨルカの観光スポットをボチボチご紹介している、適当さ丸出しサイト「マヨルカくる?」でございます。

あ、どうも。サイモンとガーファンクルたちです。

ベルばあ
誰がガーファンクルやねん。
たちってどげんね?
マリア

今回は、マヨルカの主都パルマにあるガラスの教会「La Prorciúncula」をぶらり旅してみました。

ベルばあ
あかん、ぶらり旅って何かの商標ちゃうのん?

まぁまぁ。ええがな。そんじゃ。そうだ、マヨルカ行こう。時計を脱いで、マヨルカ島へ。

ベルばあ
あかん!あかん!!

 

マヨルカの教会と言えば、パルマのカテドラル、通称「La Seu de Mallorca」。マヨルカ原住民たちからは「ラ・セウ」と呼ばれて親しまれています。

トメウじい
あ、わしこの前行ったがな。

よく覚えてたね。

じいさんが召されそうになった、そのときのグダグダ道中は「【マヨルカ観光】パルマ大聖堂 La seu de Mallorca」でどうじょ。

 

で、今回はと言いますと、こちらもパルマにある教会。中心部からは少し離れています。

20世紀に新しく建った教会なんですけども、ステンドグラス好きにはたまらない内容となっております。

どうぞ、ご覧くださいまし。トメウおじいのLet's徘徊!ガラスの教会。

トメウじい
ほな、行こか。

 

 

「La Prorciúncula」マヨルカのガラスの教会

La Prorciúnculaマヨルカガラスの教会

ガラスの教会(La Prorciúncula)は、1914年にTORによって設立された聖フランシスコ修道会の名前です。

フランシスコ会は神学校を設立しましたが、現在では修道院と私立学校として受け継がれています。

ガラスの教会の周りは、自然とスポーツ施設に囲まれていていますよ。

トメウじい
へくしっ!松の花粉がアレやな。

この教会は1964年に建築が開始され、その4年後の1968年に完成しました。

マヨルカが観光地として賑わう前の、まだ島が美しかった時代に完成したんですね。

ベルばあ
せやで。海と太陽、少しの畑。なんもないけど、ええ時代やったな。

ガラスの教会は、マヨルカの有名な大建築家Josep Ferragut Pouによって設計され、教会が完成した1968年、建築家Josepはこの世を去っています。

La Prorciúncula正門

La Prorciúnculaとは、イタリア語のProziuncolaから来ているそうで、「土地のごく一部」という意味だそうです。

トメウじい
mamma mia!! chinzano! pizza margherita!!

じいさん、知ってるイタリア語並べんなや。

教会の外観は、コンクリート。一見、何ですか?と思わせますよね。中の光の芸術を知らなければ、通り過ぎてしまうような・・・

La Prorciúncula外観

外から見ると、コンクリートと鉛色の金属、薄暗くて何だかわからないガラス。その外側には透明のガラスの二重構造。

でも、この冴えない(おっと失礼)外観が、教会内部の美しさを引き立たせるため計算されたものだとしたら・・・

トメウじい
さよか?何も考えてへんと思うで。

 

マヨルカガラスの教会の内部は地中海の太陽が作る芸術

マヨルカ光の芸術

写真ではお伝えできないのが悔しい。

この教会、写真写り結構悪くて損しちゃうタイプですねぇ。

ベルばあ
あんたの写真がヘタなだけちゃうか?

まぁ、そうなんですけど。そうでもないんですよね。ネットで教会の写真を見たとき、正直あんまり期待してなかったんですよ。

しかし、実際行ってみると素晴らしい。美しい光に包まれている、清潔で落ち着く空間。

ゴシックもバロックもいいですが、この光の美しさだけにポイントを置いた造りが、木製のシンプルな調度品としっくり来るんですわ。

トメウじい
ぽかぽかして眠たなるなぁ。

La Prorciúncula39本の柱

ガラスの教会は、39枚のステンドグラスを支えるのは鉄とコンクリートの柱で、ステンドグラスにはガラスと鉛、インテリアには木と青銅が使われています。

ステンドグラスはJoan B Castroによって設計され、Vidrieríasde Arteによって製造されました。

窓は中世の技術と近代的な技術が融合して使われていて、地中海の太陽の光をうまく取り入れるような仕組みになっています。

トメウじい
いち、にぃ、さん、しぃ、ご・・・あー、わからんようになってもた!

祭壇ステンドグラス

祭壇にある18枚のステンドグラスには多分、天地万物の創造が描かれているのではないかと思われます。

トメウじい
そうなん?お日さんやろ、お月はんやろ?ま、えぇか。

全39枚のステンドグラスは、フランシスコ会の秩序的思考を特徴付ける、自然と宇宙の原則が表現されています。

聖フランシスコ生涯 さらに、聖書の場面、聖フランシスコの生涯が描かれています。

聖書の場面

この教会は楕円形に設計されていて、長軸が33m、短軸が23mです。

La Prorciúncula釣り天蓋とキリスト像

祭壇のイエスキリスト像はLluís M.Saumellsの作品で、祭壇の高さは19mあります。

天窓からの光が、吊り天蓋のキリスト像に降り注ぎ、キリストの昇天を思わせますよね。

トメウじい
主イエスは、天に上げられ、神の右の座に着かれたわけやな。知らんけど。

天窓

 

マヨルカガラスの教会で祀られる聖フランシスコ修道者とは

マヨルカ光の教会ステンドグラス

聖フランシスコ修道者は、1181年ごろイタリアのアッシジで生まれました。

父親は裕福な毛織物商で、少年時代は裕福で自由奔放に過ごしたそうです。

トメウじい
わしもモテたで~。ちゃうわ、今もや。

マヨルカガラスの教会正門

戦場に赴いたとき大病にかかり、なんやらかんやらあって回心してイエスの子として活動を始めます。

1209年には今の「フランシスコ会」の前身となる教団を設立します。

マヨルカガラスの教会入り口

1224年、聖フランシスコ修道者は、聖痕を受けた後、目はほとんど見えなくなりました。

死の床につく前「太陽の賛歌」という聖書以来もっとも美しい詩とたたえられる、素晴らしい祈りを残して1226年、天へと召されました。

トメウじい
わしらの国籍は天にあんねやな。

じいさん、また召されかけてないか?

 

マヨルカガラスの教会へ行くには?

教会・博物館入り口

ガラスの教会を少し進むと、教会と博物館の入り口があります。

平日ガラスの教会を訪れるには、博物館を経由して行くことになります。博物館の内容は、【マヨルカの考古学・民俗学博物館~古代武器を操るマヨルカ軍は最強の傭兵だった!】をご覧ください。

 

開館時間:月曜~土曜 09:30-14:30・15:00-17:00

入場料:一般5€・マヨルカ住民3.5€

住所:Avinguda de Fra Joan Llabrés, 1, 07600 Palma, Illes Balears

 

日曜の12時からミサがあり、教会が開放されます。

ミサの際は入場は無料となりますが、もちろんうるさくしたり、写真を撮ったりという行為は控えるようにしてくださいね。

観光客としてでなく、ミサの参列者としてのルールを守って美しい光を堪能してください。

ベルばあ
あれ?マジメやな。

 

まぁね。それがさ、この前ベルベル城行った時、日本人の落書き発見しまして。

もうさ、これ今度公開するけど、ショックを受けましてね。フルネームで公開してやりますけどね。

そのために描いた落書きやろ?なら、公開しまっせ。

恥を知って欲しいのです。観光に来てやってるちゃいますよ。観光の記念に歴史的建造物に名前残してどないすんねん。

マリア
まぁまぁ、あんたのは正論ばってん、落ち着きんしゃい。

そうですね、田中の上品なイメージが壊れてしまいますね。

ベルばあ
アホか、もっと言ったりーな。足りひんがな。って、誰が上品やねん。

いえいえ。これは、【ベルベル城の旧市街そこは「魅惑の迷宮」】でお届けいたします。

ベルばあ
せやから、よそのキャッチコピー使うたらあかんって。

 

というわけでございましてマヨルカガラスの教会、いかがだったでしょうか?

写真では伝えられない色と光が、そこにはあります。マヨルカを訪れる際は、立ち寄ってみてはいかがでしょう。

トメウじい
祭壇から天窓見上げると、吸い込まれるで~。

あかん、やっぱり召されかけとる。

 

-トメウおじいのLet’s徘徊
-, ,

Copyright© マヨルカくる? , 2019 All Rights Reserved.